桃香宮エッセンス〜桃の香ほのか〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 立春元年 2012年運勢 

<<   作成日時 : 2012/02/03 20:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2月4日

立春を迎え、2012年(平成24年)がスタートしました。



東洋運勢学では 「六白金星中宮 壬辰の年」です。


これを 天・地・人 (天の気・地の利・人の和) として、運勢を予測していきます。  

長くて堅めの文章ですが、興味のあるかたは続けてご覧ください。




天の気を司るのは”(みずのえ)”で陽性の水


この水は、「理知」 「智慧」を表すとともに

形がなく変化する川・大河・海のイメージです。

柔軟でありながら、強さと勢いを持ちます。


自由自在でつかみどころがないため

流れに翻弄されないように

堤防で道(方向性)を作ることが必要です。




地の気を司どるのは””で陽性の土


この土は木を含み、その根を強く張りめぐらせて土を耕し

地中に埋もれていた(潜んでいた)さまざまなものを

地上に発現(発掘)させます。



そのため、掘り起こした土(問題)を集めて整え

発現した事柄を管理・検証・仕分けするルール(黄金律)が必要です。




天と地の気は、水と土で、相性は良くありませんが

天(上流・上方)からの一方的な放流を防ぐため

地(下流・河口域・下方)で堤防や土手を築き

流れや方向性を作ったり、注視する役割があるわけです。



天の気も 地の気も 陽性のため

世の中の現象・風潮・潮流は

良い時と悪い時

明と暗がはっきりします。




ただ、どちらかに偏ったり

極端に傾きすぎるとバランスを失うことになるので

中庸精神が必要不可欠です。




その 天と地 のバランスをとるのが

人の気である 「六白金星」です。



 ”六白金星” は陽性の金



キーワードは 「六白金星」 的な思想や人物・・・



天・空・宇宙を表し

スケールが大きく、成熟した思想(人物)を表します。



高い理想と堅い信念のもと

物事を大局的にとらえ

規律や法則で人々(組織)を牽引していく人物が

キーパーソンとなります。



ただ、公明正大な大義名分を掲げても

求心力・統率力がいきすぎると

強引・横柄・独裁的支配となりやすく

人々の反感をまねきます。



本来「六白金星」は天にあるもの

職位・権限・立場が守られた上で

遠隔操作により統率力を発揮します。



泥臭い地上(現場)での活動は

「六白金星」的な人物(思想)が

力を発揮しきれない状況も懸念されます。



さらに、低迷・混沌・慢性化した状況を

打破し改革をする上で

多少の”動揺”や”激変”は

避けて通れないと考えます。



ただそれは、来る2013年(平成25年)に向けての

改革と変革であり

物事をおさまるべきところにおさまらせるための

苦渋の決断とも言えます。



そこで

地の気である ”辰” のように

民意を奮い立たせること

現場から声をあげること

問題提起とともに

中心人物に対する

協力・信頼・応援も忘れないことです。



手のひらを返したように

攻撃や責務を押しつけることは

やはり ”いきすぎ” であり

極端に偏ることと同じです。




個人個人が

天の気 ”水” に期待と依存をしすぎれば

翻弄され 飲み込まれ 流されてしまうので


自立と自律と自己責任とともに

自分なりの水を入れる型(器)を

準備しておく必要があります。




一個人としては

「六白金星」的なリーダーを盛りたて、注視しつつ

水の流れが整い

大地や人々の生活を潤すことを願ってやみません




2012.2.3 by momoka






















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
立春元年 2012年運勢  桃香宮エッセンス〜桃の香ほのか〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる