桃香宮エッセンス〜桃の香ほのか〜

アクセスカウンタ

zoom RSS けなげな ”おトイレのお姫様”

<<   作成日時 : 2012/04/29 23:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

今回のテーマはおトイレ

しかも、便器のお話し


なので、読みたくないかたはここでストップしておいてくださいね




私はおトイレのトラウマがあります

”えっ、なにそれ!?” と思うかもしれませんが

本当に、汚すぎるおトイレを見てひどいショックを受け

そのあとその光景(残像)を何度も思い出してしまい

吐き気や冷や汗が出るほどでした



キャンプ場や公衆便所ならともかく

実は、そのおトイレは今の住まいのもの

リフォームや清掃をする前に ”現場 ”を目撃してしまったため

(見なきゃよかったと何度後悔したことか

前の住人は一体どんな人だったの

掃除をしたことはないの

ひどい ひどすぎる むごすぎる

と怒りと悲しみさえ感じたほどでした



もちろんクリーニングも入りましたが

やはり手抜き箇所が多くて納得いかず

自費でダスキンに頼みました



それから数カ月・・・

さらに2度ほどプロにお手入れを頼みました



自分でもかなり念入りに

壁も床もドアもモロモロ掃除して

表面的(外見的)には十分きれいに、清潔に保っているのですが

あの時のショックが深く(も〜 ひとつの事件

おトイレに入ると思い出してしまい

もっと もっと 掃除を念入りにするようにしました



それからさらに数カ月、

おトイレ(便器)をゴシゴシ

まるでトラウマをかき消すかのように

力をこめて磨いていたら・・・


ふと この便器がかわいそうになってきました

だって、さんざん利用されながら掃除もされずに放っておかれ

今度は必要以上にゴシゴシ強く磨かれたら、

傷ついてしまいますよね



うちの便器は年を重ねているから人間の肌と同じで

できてしまったシミやシワをゴシゴシすると

よけいに肌のキメは乱れるし、傷つくし、悪化しちゃいます



そんなふうにおトイレ(便器)を擬人化したら

『ごめんね、かわいそうだったね、前の主に大切にされなくて』

『私がいたわって大切にしてあげるからね』

そんな ”おもい” に変わっていきました



力づくでゴシゴシ磨くより

できちゃったシミはそのままで

それ以上、シミが濃くならないように

これ以上、傷をつけないように

優しく ソフトに いたわるようなお掃除に変わりました



おトイレ(便座も便器も)はほんと、けなげだと思います

だって、じっとだまって体の中の都合の悪いモノをぜんぶ引き受けてくれる

滞ったモノを通してくれる



シンプルに考えると 便器は陶器なんです

製造された直後は真っ白ぴかぴかの陶器だったはず

フツウに使っていれば、そんなにシミや傷や破損はないはず


なのに 一度 ”シミ” を作ってしまうと、なかなか消すのは大変

無理やり ”シミ” を 消したようで、実はその部分は溝や傷になっていたり

同じ場所は ”シミ” が できやすくなっている



そう、だから、本来は肌と一緒で

シミを作らないのが一番



幸い 小町テラスは新築のため

おトイレ(の便器)は純真無垢で私のもとに嫁いできました

だから お姫様のように 大切に扱っています


そう ”けなげな おトイレのお姫様


次の ”ご主人さま” の手に渡るまで

できるだけ 純白 ぴかぴか きらきら の

お姫様でいさせてあげます




2012. 1 by momoka



















 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
けなげな ”おトイレのお姫様” 桃香宮エッセンス〜桃の香ほのか〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる