桃香宮エッセンス〜桃の香ほのか〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 離婚について1

<<   作成日時 : 2012/06/09 23:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

離婚を考えている

離婚を望んでいる


けれど、それができない

前に進めない

決心できない

行動を起こせない・・・


そんな状況のかたも少なくありません




離婚のとらえかたは

性別、立場、状況によって多少違いますが

離婚を選択肢のひとつとして考えるかたは

参考にして頂けたらと思います




離婚ができない理由として挙がるのは、

子供のこと、親のこと、経済的なこと、

世間体、精神的なこと、パートナーの状況(状態)などです




しかし理由はともかく

究極的には、自分が決意・決心・覚悟ができたなら

離婚に向けて進めるはずなのです



別に決心できていないことや

覚悟ができていないことが

悪いわけではありません



ただ、離婚できない理由や原因の前で

もどかしさを感じているより


まず意識の持ち方を変えてみます




”離婚できない” を 

”離婚をしていない”(事実のみを認識)

”離婚をしないと私が選択している”(自立的・決定権は自分)

このように置き換えます




私は〜

私が〜

と言う表現に置き換えると

自分主体となり、物事をとらえる視点が確実に変わります

アイ・メッセージですね)




”○○できない”と言うとらえかたは、他動的・受動的であり

自分以外の何か(誰か)のせい(原因)にできます

自分で責任を負わなくてもいいわけです



この状況だと

自分が被害者のような錯覚、

何もできない、非力さや無力さを感じてしまいがち

そしてそんな自分が嫌になったり

さらなるストレスや悩みを生み出し

気持ちも重くなってしまいます



そうすると、

さらにパートナーとの関係において

弱い立場になってしまったり(そう感じてしまったり)

相手のせいにしてしまったり

自分が犠牲者の役を選んでしまいます



※立場が弱いからと言って

  自分自身が弱いのとは違います

  それに被害者や犠牲者になる必要はありません


  
これはパートナーに限らず

離婚できない原因・理由としている対象者

たとえば子供や実の親、義理の親に対しても

同じことが言えます




なので、

まずこの状況に決して満足していない、納得していないこと

自分自身が望んでいる状況ではないことを認識しつつ



けれど、

”今はこの状況でいることを私が選択している”

”私はまだ決心していない” と

認識するだけで良いのです



ここからがスタート・・・




そして、離婚を考える場合

まず夫婦の関係を見直してみることが大切

相手を理解すること(知ること)・・・・

なのですが、



長くなるので、この話しは次回に・・・



2012.6.9 by momoka  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
離婚について1 桃香宮エッセンス〜桃の香ほのか〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる