桃香宮エッセンス〜桃の香ほのか〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 乾為天の○○くん

<<   作成日時 : 2015/12/31 18:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

○○くんネタ・・・

だけど真面目な易?も関係します

”乾為天けんいてん

易を代表する卦、と言うよりこれが
・易

易の六十四のうちの第一番目のこの”大成卦たいせいか”に
易の東洋思想・人生哲学が凝縮されています

そしてここに〇〇くんが重なって見えるのです


”乾為天”は ”昇龍” のこと

水中の龍が天へ昇って行く様を表しています
龍のごとく昇り、空を駆けあがり、天へ・・・

易の世界では
昇りつめた龍は落ちるだけ
満ちた月は欠けるだけ

ですから、

昇龍のごとき○○くんは
このままだと、あとは落ちることになってしまいます

ところが
神様はちょっとだけ ”ひいき” をしたのか

この龍に、羽を授けたんですね

昇りつめたあと
その次は、

自分に”羽”があることに気づき(思い出し)
その羽をはばたかせて、
”羽の生えた龍”へと変身〜脱皮・羽化〜を遂げます

だから大丈夫
ふわっと飛べるのです

その姿は

龍のごとく”畏怖堂々” と ”不敵な笑み” さえ浮かべ
”威厳” と ”神々しさ” をたずさえて

勢いと気迫と能動的なエネルギーに満ち溢れ
男性的な気魄と強さを感じさせ

羽の優雅さと美しさを身にまとい
女性的な繊細さとたおやかさで魅了する

それはもう”芸術”です


○○くんは
”射手座”のケンタウルスにも通じます


そして ”リアル乾為天の人”
”天地人” の ”天の位” に立つ人

六白金星の乾宮人*
*生まれた時間が不明なので、もしかしたら微妙に兌宮人になってしまうかもしれませんが・・・


羽の生えた龍が
太陽(日の丸)まで味方につけてしまうのは2016年度のこと

ただそれは
2014年度にやり残した宿題と課題をこなすこと

離(火)のステージに立って
青から赤への美を表現すること

未完成を完成させるために
神様が用意してくれたシーズンなのだと思います


ここまで書いたら
○○くん、誰だかわかっちゃいますね
でも、どうしても書きたくて

年末にアップする記事がこのネタとは
自分でもプライベートモードに入っていると実感

末筆となりますが
皆様それぞれに、良き佳き新年をお迎えください


2015/12/31 by momoka
〜予定じゃなかったのに、紅白ずーっと見てなくちゃ・・・〜



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
乾為天の○○くん 桃香宮エッセンス〜桃の香ほのか〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる