桃香宮エッセンス〜桃の香ほのか〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 九星占い(四緑妃への手紙)

<<   作成日時 : 2016/02/11 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

立春を過ぎてようやく
2016年(平成二十八年)の運勢がグランドオープンしました

九星の女性たちへしたためている運勢便り

まだ登場していない姫も妃も
これから少しずつ書いてまいります

立春の次は春分がひとつの区切り

3月20日頃までを目安にしておりますので
のんびりとおつきあいくださいませ


私のことについては毎度おなじみ
本業は占術家、ペンネームは桃華

趣味を兼ねて九星をオリジナルにアレンジして
運勢予報としてお届けしております



この手紙は
1969年2月4日頃から1970年2月4日頃までと
1978年2月4日頃から1979年2月4日頃までと
1987年2月4日頃から1988年2月4日頃まで

間に生まれた四緑の妃宛てです


おおまかに妃は既婚・姫は未婚としていますが、
未婚でも同棲中の姫は、この手紙も参考になさってください


そして親愛とリスペクトをこめて
あなたのことを四緑妃様とお呼びいたします


さて
親愛なる四緑妃様


「マイペース」 

2014年と2015年は
この言葉の意味を実感、切望したのでは
ないでしょうか?

「忙しさ」 は、現在も継続中かと思われます

が、だいぶ自由に自主的に動き回れる環境になって
ほんの少し、ほっとしてきましたね


マイペースの忙しさ
計画していた忙しさ
予測できる忙しさ
ある程度、自分で調整できる忙しさだったら、
四緑妃様は、難なくこなせるだろうと思います


それがノーコントロールに近い形で
突然外側からやってきたのですから
ほんの少し、いえ、かなりペースを乱されたかもしれません

深呼吸ついでに
ため息ひとつ、グチのひとつ、文句のひとつも
吐いちゃってください


えっ?
ため息をつくと幸運が逃げるって?
グチや文句は運気を下げるって?

いえいえ、それはちょっと違います

ため息は呼吸の吐くほうの作用ですから
これって脱力、リラックスする方法なのですよ
1人の空間で行うだけなら
誰にも聞かれず、誰にも迷惑をかけず
自分を楽にして助ける方法なんです


グチや文句も呼吸の吐くほうの作用です
吐き出す作用ですから
心の毒素を出して、あくぬきをして
普段、わたしたちが毎時毎分毎秒
酸素と二酸化炭素の交換をしているように

インバウンド・アウトバウンドは
自然なことなのです

そしてため息・グチのあとには
ゆっくりお茶を飲んだり
太陽の光を浴びたり(光を見るだけでも有効)
風にあたったり
心地よい香りを嗅いだり
伸びをしたり


「あ〜、すっきりした」
「よし、頑張ろう」
「気分を切り替えよう」
こんなふうに口に出してみる

四緑妃さんなりの上手なストレス発散、
リフレッシュ方法をお持ちでしょうから
それとあわせてぜひおためしくだい


特に2015年の11月、12月は
発散とリフレッシュが必要な時でした

それができなかったなぁ〜と感じたら
この2月、3月にその時間を
意識して過ごしてください


そして4月からは
少し、マイペースさを取り戻せるでしょう

待たされることや我慢する場面が多かった分、
この2016年は四緑妃様にとって
「自分のペース」を守ることが大切です

趣味や習い事、友人との交流や外出など
活発に動きたいと思い描いているかもしれません

あるいは、もっとのんびり、まったり
オフの日には遅くまで寝ていたり、
食べたい時に食べて、
朝から晩まで部屋着・パジャマで過ごして、
「特別な計画を立てず、特別なことは何もしない」

そんな、「自分時間」を取り戻す必要と
必然性があるかもしれません


2014年、2015年の月と星と日の巡りは
スクランブル交差点のように
非常に複雑かつ混み合っていました

自分の思うような方向へ歩こうとしても、
前の人とペースが違うから、こちらがつまずきそうになったり、
左右の人がつめて押してくるものだから、
ぶつかりそうになったり、
いえ、ぶつかられたことだってありましたね

自由に進めなかったり
自分以外の他人、家族・親族も含めて
外部からのプレッシャー、

それによる忙しさの中、
猛スピードで急カーブを曲がるような状況があって

なのにカーブを曲がったとたん、
ふっと、目の前の目標物(標識)が無くなって
肩すかし、と言うか、一瞬のとまどいを感じた場面も
あったかもしれません


具体的には
「○○迄にこの書類をまとめて、急いで完成させて!」と命じられ
それが自分の熟知していない分野なので
一生懸命に調べて、集中して、取り組んで、苦心して
やっと完成が近づいたか、完成後に

「あ、それ、必要なくなったから」
「その中身を変えるからやり直して」
「あとは○○さんにまかせるから」

こんな状況です


家庭内では
「仕事が大変だ大変だ、辛い、辞めたい、転職する」
「会社を辞めて独立する、起業する」
「こんな投資や儲け話しがあるから金策をしてくれ」
こんな王様に対して

心の距離を適度に保ち
感情移入しすぎず、感情噴出しすぎず
聞き入れたり、聞き流すなど、
大人の冷静な対応を試みるも

その対応・態度に文句を言われたり、八つ当たりされたり
ちょっと王様がわがままな子供のような、
女々しく感じられるような
時には怒りや憤りを感じるような

いえ、もっと言えば ”離婚” と言う2文字が
よぎったことだって、あったのだろうと思います


それは突然湧いたものではなくて

2011年頃からの行きがかり上、
もっと遡ると2009年、2003年頃から
四緑妃様が主(あるじ)の立場に
ならねばならない事情があって

もしかしたら
その頃から始まっていた何かが
特に昨年になって具体化、明確化してきたのかもしれません

家庭では王様(夫、父親)に
職場では上司、先輩に
地域社会では風習や慣習に

これまでは
”他” に沿うように過ごしてきて
何かしらの流れやレールや
風に乗るような感覚でいたけれど

どこか
”私(わたし)” ”自分” が置いてきぼりで

妻、母としての役割をすんなりこなしながら
誰かに、何かに沿って、過ごしてきた自分を
どこか他人事のように冷めた目で見ていた
そんな四緑妃様がいたようです


それが昨年の出来事をきっかけにして
覚めたと言うか、目覚めたと言うか
自力、自主的、自立的なモードに入りつつ
その時期や様子を見つめるのが、
2016年から2017年頃になるでしょう


成し遂げたいこと
チャレンジしたいこと
行動に移したいこと
決心したいこと

それらは早ければ来年に
もう少し準備と時間が必要であれば2018年に
実現する可能性があります


ただし
組織、団体、
地域社会のカラー
職位のある人物
師や先生の確立したスタイルなど

四緑妃様にとって
少しばかり窮屈で封建的な世界に
関わりを持ったり、身を置くことも考えられます

けれど
その窮屈さと引き換えに
手にするものや、ご褒美が待っているとも言えます

個人の力や努力ではどうにもならないこと
数字にまつわること、場所にまつわることについて
ラッキーと思えるようなことが舞い込むかもしれません

それは一瞬の出来事であったり
長くは続かないことかもしれませんが
まちがいなく次へのステップとなるでしょう

2017年からのスケジュールは
3年間、あるいは5年間のスパンで
おおまかに組み立てると良さそうです


あまり細かい部分や道筋を決めすぎず
何をしたいか、何をするかだけは明確にして
”それをいつ頃までに、こんなイメージで”
この程度でかまいません

どの方法でどの道でどんなやり方で進展するかは
その時々の選択にまかせれば
いいのだろうと思います


自立的で自主性を取り戻した四緑妃さんならば
他の支援や援助を、素直に受け入れられるでしょう
個の力に他の数と力が加わると
そこに相乗効果、上昇のスパイラルが生まれます

その流れや軌道に乗る姿を
活躍・成功と呼ぶのかもしれません


もし、2015年に果たすべきこと、責任の範疇について
やり残したこと、心残りがあるようでしたら
遊びを返上して取り組んでおくことをおすすめします

来年に持ち越すと
少々、いえ、かなり重い荷物や重圧となって
Uターンしてくる可能性があります

それはかなり面倒かもしれませんから


四緑妃様の人生のキャリーバッグに
困難や重量物は似合わないと思うのです

無理して持つことも
自ら背負う必要もなくて

もし不可抗力で受け持たされたなら
キャリーバッグには入れず
少しの間、そばに置いておくことです
それを静観、保留と言いますが

投げ出すわけでも
逃げ出すわけでも
引き受けるわけでもなく

そのうち
そばを通りかかった誰かが
見かねた誰かが
ついでに持ってくれたり
引き受けてくれるのが
四緑妃様のラッキーさです

こんなことを言いながら
それでもやはり
”やり残しを済ませておくこと”
これは最優先の課題です


身も心も物も思考も軽くしておくこと

それが今年から2018年頃までの
テーマになるはず

軽くなるほど四緑妃様は
風のように自由に動き回れます

まるで旅するように...



2016/2/11 by momoka









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
九星占い(四緑妃への手紙) 桃香宮エッセンス〜桃の香ほのか〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる