桃香宮エッセンス〜桃の香ほのか〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年紫苑姫の星巡り(本文)

<<   作成日時 : 2017/02/24 18:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回の「2017年紫苑姫の星巡り」の
プロローグから続いて本文です

※以下の生まれの紫苑姫が対象です。
1963年2月4日頃〜1964年2月4日頃
1972年2月5日頃〜1973年2月3日頃
1981年2月4日頃〜1982年2月3日頃


≪中央宮の世界≫

中央宮は9星の中央に座位して強い引力を備えています。
望む望まないにかかわらず“自分”が重心となり
ヒト・コト・モノを引き寄せ引き付けます。

引き寄せる可能性のある箱の中をのぞくと
【強力な援助や支援】【求愛】【固い絆】【安定・安泰】【凝縮・熟成】
【極み】【復縁再縁】【存在感のあるもの】【古くて歴史あるもの】
こんなタグが見えました。

箱の中をもう少しのぞくと
【めんどうなこと】【重要な責任・役割】【義理人情の絡むこと】
【気が重いこと】【独占・束縛】【膠着・癒着】【腐敗・消滅】
などのタグも見えています。

こうしてみると中央宮はまるで
≪吉凶が無造作に詰め込まれたパンドラの箱≫のようです。
開けて出してみなければその正体・実体がわかりません。

嫌なことは拒否・回避したくても、どうもそれは難しそうです。
と言うのも中央宮は取捨分別が苦手なため
紫苑姫の好みや吉凶などには無頓着で何でも引きよせるからです。

何を基準にどれを引き受け、何を受け取りどう扱うのか
じっくりと見定めて行く心構えが必要です。

そのためには
【瞬時にジャッジしないで時間をかけること】

もう1つは【現実を見て等身大の自分でいること】
【過去の土台に立つ現在の自分】で向き合うことです。

そして三つめは【既存・先約を優先すること】
○○が良いから、○○が好きだからと言うより
○○に飽きたから、○○が不満だからと言う理由で
今とは別の新しい選択肢を求めたくなりますが
予定していたこと、約束していたことを優先すべきでしょう。
どんなに別の物事に魅力を感じても誘惑に負けないことです。

既に入っている分に追加でやってきた時は容量を超えないこと。
追加することによって満杯になってしまいそうなら
先約・先行している物事が終了したり、減少するまで待ちましょう。
たとえ相手が落胆を見せたり機嫌を損ねたとしても
紫苑姫自身のオーバーヒートやトラブルを防ぎ
誠実に人と関わっていくためなのです。


≪パンドラの箱≫
中央宮にはパンドラの箱が存在します。
時にその中から煩悩や欲に火を付ける“何か”が
顔をのぞかせるかもしれません。

普段ならあり得ない行動に至る危険をはらんでいるのも
強い引力を持つ中央宮の世界ならではです。

それは特異的な事象とは限らず
身近な日常に潜むほんの些細な出来事かもしれません。

では“何か”とは何でしょう?
それは決して“凶”と定められているわけではなくて
あくまで動機やきっかけにすぎません。

“何か”とは自分の心に潜むものだとするなら
冒頭で【過去の遺産と言う名の現在】と表現したように
“思い出”を【事実】と【心象】で照らし合わせることで
その正体や実像がわかり
紫苑姫なりのこたえを導き出すことができるでしょう。

適度な用心と謙虚さを心がけて感謝を忘れず過ごせば
中央宮は驚くほど充実して安定した世界なのです。

≪吉凶が無造作に詰め込まれたパンドラの箱≫を開けて
最初に引き寄せたタグが【凶】だとしても
あとから引き寄せるかもしれない困難や障害の
防波堤や予防になるかもしれません。
あるいは【凶】に見えた事象が
それを受け入れることで【吉】へと転じるかもしれません。

※9星女神〜星と月の巡り〜のサンプルとして
文章を抜粋して載せています

2017/2/17 by momoka



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年紫苑姫の星巡り(本文) 桃香宮エッセンス〜桃の香ほのか〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる