桃香宮エッセンス〜桃の香ほのか〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年若菜姫の月巡り

<<   作成日時 : 2017/02/27 09:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

※1979年2月4日頃〜1980年2月4日頃まで
1988年2月4日頃〜1989年2月3日頃まで
の間に生まれた若菜姫が対象です。

9星女神の星月巡りのサンプルとして
抜粋して載せています


若菜姫の月巡り

3月に訪れる北極宮では≪0(ぜろ)から未来を思い描く≫と言うテーマが与えられています。
若菜姫は2016年中からこの2月迄の期間、日々の出来事や自分自身を振り返る間もなく、慌ただしく走り続けたのではないでしょうか?
3月を境にその状況は一時的に沈静化されて≪一人の時間≫を経験することになるでしょう。
たとえば仕事や学業、その他の活動で社会と関わってきた若菜姫は、役割や任務を終えたり、活動母体の方向転換や縮小の影響を受けて余白が生まれ、必然的にプライベートへ意識や興味が向いて行きそうです。
≪一人の時間≫を≪一人きりの時間≫ととらえると、外部をシャットアウトして意識的に環境を作るイメージになり、文字どおりに受け取ると集団に身を置きつつ自然の流れで≪一人の時間≫が生まれるイメージです。
前者は今までの環境から早く抜け出したい、終わらせたい、ひと休みしたい、変わりたいと願う若菜姫のパターンで、後者はある程度の達成感や充実感を得られた若菜姫のパターンでしょう。
一人の時間が訪れると本来の自分に還ったり、緊張感から解放されて一息つける反面、不安、迷い、空虚感、淋しさなども生じることがあります。
ぽっかり空いた時間や心のスペースを「どう埋めるか」より「どんな風にどう過ごすか」自由に思い巡らしましょう。
その際、「あの時はこうだった」「前にうまくいかなかった」など
2016年の出来事や過去のパターンを参考にしても、あまり役に立たないかもしれません。
北極宮は≪形を作らない未知の世界≫
0(ゼロ)からのスタートに力を発揮するので、
現実的に可能かどうか、条件は整っているか、うまくいく確率など、具体的な制約や枠組みを設けると可能性を狭めることになるからです。
未知がゆえに生じる不安や迷いは押し込めたり打ち消すより、それらと親しむほうがかえって扱いやすいと言うことがあります。
直感と感性にそって、物質より精神的な価値を優先しつつ未来の種を蒔いたり夢を温めていると、4月、6月、7月の潜伏期を経て、5月、8月、11月頃に芽が出たりある程度の形となって表れるでしょう。

2017/2/25 by momoka

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年若菜姫の月巡り 桃香宮エッセンス〜桃の香ほのか〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる