ネガティブアピールの運勢

時々、就活(求職)中のかたに
≪ネガティブアピール≫なるものをすすめます

≪ネガティブキャンペーン≫と言う時もありますが
組織的な宣伝活動ではないので
アピールのほうが合っていますね

ポジティブアピールがいいと思われがちですが
星の巡りによってネガティブアピールのほうが
うまくいくケースだってあります

極端な例をあげると面接や面談の時のアピールでは

1.前向き、ひたむき、意気揚々、積極的なパターン
「自信あります」「やる気だけは他の誰にも負けません」
「わたし、失敗しないので」(これはパクリ)
「自分の特性(性格)に合っている仕事だと思います」
「資格を生かせます」「精一杯頑張ります!」
「御社で〇〇のような活躍ができると思っております」
「この仕事に将来性を見出しています」

2.後ろ向き(?)、慎重、不安そう、消極的なパターン
「ちょっと自信ないです」「苦手な分野です」
「私はあまり社交的ではないので」「正直、不安はあります」
「まだその資格を持っていません」
「この仕事が自分に合っているかどうかわかりません」
「御社が取り扱う〇〇の将来性は実際どうなのでしょうか」
「わたし、自己アピールが苦手で・・・」「緊張しやすいんです」
「(仕事内容や雇用条件について)本当に大丈夫なんでしょうか」

これと似たようなセリフを言うことがあるかもしれません

が、必ずしも1のパターンが好まれるわけではなく
企業とその仕事内容、職場環境と年齢層
それに面接する担当者によって
どんなキャラクターを求めているか、好むか

それと合わせて個の性質・気質、運勢をみた時
1と2のどちらが自然で合っているか
運勢に沿いやすいかなどが違うからです
自信満々で落ちる、と言うことだってあります

ただし2のパターンの時に大切なのは
ネガティブアピールのあとで対処法と予防策を
講じる(伝える)ことです

「ちょっと自信ないです」「苦手な分野です」
→だから基礎から確実に学んで着実に慣れて
得意分野にできればと考えています
とか

「わたし、自己アピールが苦手で・・・」「緊張しやすいんです」
→「言葉ではうまく伝えられないので
自分の作品(資料)を用意してまいりました」
→あえて「深呼吸をさせて頂いてよろしいですか」と聞く
→(面接時に)「声が小さかったり聞きづらい時は
ぜひ(?)ご指摘(ご指導)ください」

「私はあまり社交的ではないので」
→「そのせいか一人(単独)での仕事(作業)が苦ではありませんし
あまり人のうわさなどにも気を取られず
集中して取り組めると思います」

「まだその資格を持っていません」
→「現在資格を取るために勉強しております」

これがベストな解答というわけではないですが
自分を盛る必要も、実力以上に見せる必要も
自信ありげに見せる必要もなくて
ただ客観的で具体的で実現可能な対応策を
話すだけでいいのです

担当者によって
「この人は冷静に自分自身を見ているな」
「お調子者ではなくて落ち着いているな」
「自信過剰のハナ高人間じゃないから
うちの職場でうまくやっていけそうだ」
「謙虚で控えめな人だな」
「勢いやノリで入社しようとしていないんだな」
こんな好印象を与えたり評価を得られることだって
あります

実は、就活(求職)は恋・婚活と似ていて
前述のネガティブアピール(ネガティブポーズ)が
うまくいく時があるのです

ちょっと立場を変えてみると
男性からのアプローチ(アピール)が
1のポジティブパターンの場合・・・
「君に決めた!」「君に決定!」(ん?昔聞いたような)
「君に夢中なんだ」
「君を必ず幸せにするよ」
「君のような女性を待っていたんだ」
「僕の理想にピッタリだ」
「俺に黙ってついてこい」
「こんなに人を好きになったのは初めてだ」
「こんなに君のことを愛しているんだ」
「俺とつきあうとこんなに楽しいよ」
「僕はぜったい心変わりしないよ」「自信がある」

2のネガティブパターンの場合・・・
「もしよければ僕とつきあってください」
「僕でよかったら」「こんな僕でよかったら」
「幸せにできるかなんてわからないよ」
「一生愛し続ける自信はないけど」
「まだ君のことを愛しているとは言えない」
「愛の定義って何?」(おっと、うわさのセリフ)
「好きかどうかわからない」
「愛してるなんて簡単に言うもんじゃない」
「俺は結構わがままだよ」
「そんなにまめじゃないけど」
「まだ今はお互いが一番かどうかわからないけど」
「君のことよく知らないし」

極端なセリフも含まれますが
こんな意味あいや雰囲気のセリフを
聞くことってあると思います

この時に
2のパターンでアピールする男性のほうと
うまくいく、スムーズに運ぶ運勢があるのです

でも、当然1のパターンのほうが安心できるし
思われ愛され望まれている実感を得やすいので
そちらの男性のほうへ引き付けられるという
気持ちもよくわかります

が、運を取り扱う立場の私としては
時に2のネガティブアピール男性を勧めます
鑑定ではその運勢の特徴をきちんとお話しするので
理解して頂けるかと思います

とは言っても心情、感情的に
1のパターンがいいに決まってるじゃない
と言う場合には
運勢と逆パターンの行動をとるための
対策、秘訣、心がまえをお伝えすることになります

就活・恋婚活の鑑定の時に
ネガティブアピールの運勢かどうか
楽しみにしていてください


2017/9/17 by momoka








Twitter➡🐦桃香宮プラス (momonokahonoka) https://twitter.com/momonokahonoka

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック