立春大吉

≪立春大吉・祝土用越え≫
暦の上で春立ちました。
平成三十年の幕開けです。
あらためて新年おめでとうございます。

皆さま、無事につつがなく、無難小難で
立春を迎えられたでしょうか?
節分の豆まきは土用越えのフィナーレ、
祝・土用越えのセレモニーです。

なぜ立春を迎えてこんなにハイになっているかと言うと
私は運を扱う立場なのに土用越えが苦手だからです。

春夏秋冬、どの季節の土用も苦手なので
季節ごとの土用を過ごすたびに
「あ~、やっぱり夏の土用が一番体にこたえるわ」
「いやいや、秋の土用が何よりこわい」などと
心の中で騒ぎつぶやいています。
つい昨日までは「何と言っても冬の土用が重大行事だな」
なんて思っていました。

とにかく土用期間に限らず土用月は
心身ともに土の性質が強まりすぎて
逆に弱く脆くなってしまうのです。
強すぎると弱い部分ができてしまうし
元々の弱点がさらに弱まったりします。

強くなる分、成し遂げようとする意志や力も出るし
困難や苦渋に耐え、粘ることもできますが
それは頑固さや意地や執着にもつながります。

なので頑張りすぎ、我の張りすぎ、無理をしすぎると
その後でドドーンと土用の悪い作用を招いてしまうのです。

そうです、「わかっちゃいるけどやめられない」
食べ過ぎ、座り過ぎ、考え過ぎ、根つめ過ぎ
「ここまでで切り上げる」「適当に切り替える」ことができず
自業自得の自己責任、「やりすぎ」が禍を招くのです。

私にとって土用期間・土用越えは
たやすいことではありませんが
他のかたにとってこの土用の作用は
助けにもなりますし有効活用ができます。

停滞していた物事が動いたり
自分自身に変化が見られたり
大胆な行動を起こせたり
切れないものを切ったり
決断をくだしたり

「思い切り」や「潜在的」なエネルギーを
集約・凝縮させることができるのです。
つまり、土用は使いよう。

このあたりはちゃんと鑑定の中に
折り込み済みですからご安心ください。

と、言っている私の課題は今後も
やはり≪土用越え≫ですね。


2018/2/4 by momoka
Twitter➡🐦桃香宮プラス (momonokahonoka) https://twitter.com/momonokahonoka

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック