大きな木の上で

大きな木の上で
思考回路くるくる回って
実体のない夢ふわふわ

想像の世界は風模様
軽くて自由で無限大
思いのまま枝葉を広げられる

黄色・紅色・緑色
木々の葉を好きに彩って
お気に入りの花だけ咲かせ
色づき熟れた実を成らせる

青い鳥も金の鳥も
七色の蝶もピンクの蝶も
言葉を話すリスも現れる

盗む人も壊す人もいない
奪う人も怖がらせる人もいない
わたしと森の眠りを
さまたげるものはない

木漏れ日もそよ風も絹の雨も
華雪も朝露も幻想的な霧も
ほどよく心地よく都合よく

こんな風に夢見るのも
まどろんでいられるのも
枝が腕のように私を受けとめているから

その枝は太い幹から伸びているから
その太い幹を地中で張りめぐらせた根が
踏ん張り支えているから

安定と安全の元で
心安らかに
思考の世界を旅する

わたしが横たう大きな木は
しなやかな大地に根差し守られる

木の枝葉は未来を見つめ
木の根っこは過去を引き受ける

大地が現実を表すなら
土はまぎれもなくわたしの遺産
年数の分だけ積み重なり
生きたとおりの土壌になる

この土台に立って
木は成長する
変えられない事実の元で
わたしは生きて行く

根っこは未来を見ないけれど
地中と言う過去を生きて行く
悔恨ばかりの中でさえ
養分求め糧とする

根っこは枝葉を見ないけれど
大地によって現実をも生きている
地表へ頭をもたげたら
幹とのつながりを体感できる

根っこと木のてっぺんは
ダイレクトにつながることはない
枝葉を彩る花実さえ
自分のルーツを知ることはない

過去と未来は
ダイレクトにはつながらない
幹と現在のみで引き継がれる

過去から未来への橋渡しは
現在にしかできえない
どんな物語を伝承するかは
現在を生きるわたししだい

この大きな木は
わたし自身
人生の象徴木

大きな木の上で
思考回路くるくる回って
実体のない夢ふわふわ

想像の世界は風模様
軽くて自由で無限大
思いのまま枝葉を広げられる

未だ来ぬ時と
過ぎ去った時
そのはざまにいるわたし

空へ向かう枝葉たちに
どんな物語を伝えようか
根っこから大地を経由した幹の姿を
どのように語り継ごうか

過去と未来
自由自在に往来して
しばし時空を超えてみよう


2018/4/5 by momoka
Twitter➡🐦桃香宮プラス (momonokahonoka) https://twitter.com/momonokahonoka

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック