予約について&追記

※日付部分に訂正あります

このブログを見てくださっているかた、いかがお過ごしでしょうか?
特に4月7日以降、お住まいの地域や住環境、家族構成、業種や職種、経済状態、健康状態などを含めて大なり小なりの影響を受けているでしょうし、その受けとめかたは本当に人それぞれかと思います。

そういう私も大きな影響を受けております。
本来は対面鑑定ならではのメリットが現状では最大のデメリットとリスクになってしまい、やむなく対面鑑定のご予約をキャンセル・延期とさせて頂いております。

1月に入ってきたニュースから2月、3月と時間の経過とともに ”後手後手・遅すぎ" なお上の対応にやきもきイライラしつつ、同時に思い浮かぶのは占いに来て頂いたかたたちのことでした。

流行地域とそのピンポイントにお住まいのかた、闘病中のかた、医療福祉の現場に携わっているかた、ご高齢者や持病をお持ちのかた、ご家族を看病なさっているかた、妊活・妊娠中のかた、求職中のかた、やっと就職が決まったかた、受験のかた、海外赴任が決まっていたかた、別居中・単身赴任中・遠距離中のカップル、春先に挙式や引っ越し予定だったカップル、家を購入・建築中のかた、自営業のかた、起業・開業したばかりのかた、出張や残業が減り、あるいはシフトに入れずに収入が減ってしまうかた。。。あげればきりがないほど占った当時の状況やお顔が目に浮かびます。
特に今年の運勢を占った中で「3月5日~4月4日頃」と「4月5日~5月5日頃」の期間にさまざまな転機やポイントがあるとお伝えしたかたが多かったと記憶していますが、それはチャンスと言うよりピンチと言う現象であらわれているかたが少なくないのではと思います。
もちろんそのピンチに見える現象がのちにチャンスとなるかもしれませんが、どのような思いでどのような状況でお過ごしなのかと気になっています。

さてこのような状況ですから対面鑑定を当面の間お休みとお知らせしましたが、はたして再開はいつ頃になるのか?と言う予測を参考まで追記します。再開の前提条件として「少し状況が落ち着く」「収束してきた(収束がみえてきた)」=緊急事態宣言や自粛要請の緩和、一部解除、条件つき解除が必須ですが、一日も早い再開を願いながら、そして希望をこめて、日本の運勢と私の運勢をかさねあわせて占いました。
既に書いた記事の内容と重複する部分もありますが興味あるかたはぜひおつきあいください。

まず私の対面鑑定は6月5日~7月6日の間に再開できるのではないかと思います。自分で書いてみてかなり長いなと感じます。6月5日と7月6日ではひと月も違ってしまいますが、この期間は1日おき、1日に1~2名ずつ、と言う形でしょうか。5月5日~6月日はリクエストがあれば対面鑑定をお受けしたい気持ちが強まりそうですがここは我慢しなくてはならない時期です。と言うのも感染が5月4日迄にピークアウトすれば5月5日~6月日に数値的な下降と見せかけの収束が見えてくるはずですが、おそらくこの期間は自粛に耐え切れずさまざまな活動が順次再開されて行くので、緩めすぎ緩みすぎると【6月5日~7月6日にピンチとチャンスの吉凶両面の事象】【第二のピーク、再ブレイク】となってしまいます。なので5月5日~6月日の世の動き(感染者動向)を見ながら6月5日~7月6日の間に再開するつもりです。

日本の運勢的には【3月5日~4月4日が顕現・拡散・散乱期】ですから、変な言い方ですが本来ならこの期間が数値的なマックスであってほしかったです。そうであれば【4月5日~5月4日に沈静化する、おとなしくなる、静まる、落ち着く】と言う流れで収束に近づいたはず。ただ現実的には潜伏期を考慮して【3月5日~4月4日】から2週間後をみると【3月19日~4月18日】に拡散した結果があらわれることになりますから4月18日迄は数として爆発的に増えても仕方ないと考えます。
ただ、実際に緊急事態宣言が出たのは4月7日(8日から)なので4月4日迄に出すべきだったと思うのですが、このわずか3~4日の差が非常に悔やまれます。なので【4月5日~5月4日に沈静化する、おとなしくなる、静まる、落ち着く】と言う運勢をウィルスでなく私たち人間にあてはめて5月4日迄はそのように過ごすのが賢明と言えそうです。陽と動の活動ではなく陰と静の活動になるわけです。医療福祉や各関係省庁、行政のかたたち、私たちの生活を支えてくれるインフラや食料品・日用品などの製造・流通・販売に携わるかた、お仕事を休めないかたたちはなかなか難しいかと思いますが。
ここで気になるのは4月16日~5月4日の土用期間です。今年の春の土用は特に強烈なパワーを発揮して勢いが強まります。成長拡大を抑えこむことが困難なため4月18日迄にピークアウトすれば少しホッとできますが、遅すぎたツケで5月4日迄長引いてしまうかもしれません。
さらに重要なのはピークアウトしたあとの【5月5日~6月日】の緩急さじ加減です。この期間は【蔓延する、じわじわ続く、共存する】と言う象意ですが、つまり良くも悪くもダラダラ続く、その水準を維持する、横ばい、と言うことなので、つい緩やかな収束傾向と宣言してしまいがちです。すると緊張感が一気に解けてはじけてしまうと【6月5日~7月6日にピンチとチャンスの吉凶両面の事象】【第二のピーク、再ブレイク】と書いたように感染拡大の第二波と経済活動再開(活気が戻る)、入国制限をかけていた国への緩やかな解除から少しずつ来日外国人が増えてくると言う意味でピンチとチャンスの両面です。この流れが続くと7月7日~8月7日頃には来日外国人がさらに増えるので、再度水際対策を強めないと9月7日以降、12月7日(実際には来年1月5日以降)に第三、第四の波がやってきそうです。と言っても6月5日以降は医療分野(医薬品)の開発・開始・試運転などの象意があるので短期的な予測を立てやすく、明るい話題や一筋の光が射し込むと言えそうです。

2020/4/11 by momoka
Twitter➡🐦桃香宮プラス (momonokahonoka) https://twitter.com/momonokahonoka

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント